So-net無料ブログ作成

井上直さんの画を見る

 茨城県近代美術館に、6日、《二年後、自然と芸術、レクイエム》展を見に行った。上野から常磐線のスーパーひたちに乗って、水戸まで1時間ちょっとだ。2年前の地震災害を受けた美術館であるが、今はきれいに改築され、静かで広々とした気持よい館だった。

井上直さんの作品は5点出ていて、(うち3点が新作) 日曜美術館(NHKのテレビ)でも、そのちょっと前に紹介されていた。 5点のうち3点は2012年の新作だった。はるかな時間(自然)のなかに立ちつくす人間の後姿のイメージは、深い哀しみのなかにも、永遠への祈りと憧れを秘めた沈黙を漂わせ、粛然とさせるものがあった。

 芸術的感動はなかなか言葉にはできない。が、言葉にならない励ましをもらった気がした。もちろん自分への反省とともに。激しく動くこの時代の中で、真摯に内面を見つめる目を持ち続けながら、精神を具象化していく…その行為は、とても困難なことだけれども、その行為が人々を支え、励ます力を持つのだろう。

 新作「千の種族A」「千の種族B」「夕暮れのレクイエム」、そして以前銀座の画廊に出品されていた「海の記憶」「V字鉄塔のある惑星」などの作品の前に、しばらく立ち尽くしていた。
 
 そのほかに大観の「生々流転」という40メートルの絵巻物や、小川芋銭、河口龍夫の鎮魂のためのいくつかの作品など、印象的だった。

 水戸の梅林もそろそろ蕾が開きかけていたが、美術館のレストランで軽いランチをとり、そのまままたスーパーひたちに乗って横濱に帰った。

 明日は3.11から二年目の日が来る。


 
 
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。