So-net無料ブログ作成

ゴン太ごめんね、もう大丈夫だよ [日々のキルト]

『ゴン太ごめんね、もう大丈夫だよ』光文社刊
(福島第一原発半径20キロ圏内犬猫救出記)
を読んでいたたまれない気持ちになった。それほど胸の痛むつらい記録
でもあった。同時に生き物たちの素晴らしさも感じた。そしてこのボランティアの方
たちの行動…、今目前にある事実に向かって、心情を行動へ移す実行力に感じ入る。
帯に記されているその内容の一部を紹介しよう。

○野犬化した犬たちに襲われながらも、飼い主の言いつけ通りに家畜と家を守り
 つづけた犬
○瓦礫の下に埋められた主人に必死でほえ続け、命を救った犬
○原発の敷地内で座ったまま、死んでいた犬
○つながれて息絶えていた柴犬
○捕獲器の中で4匹の赤ちゃんを産んでいた母猫
○ビニール、軍手を食べて腹部が膨れ上がっていた犬
○水欲しさに側溝に入り、抜け出せなくなって死んだ牛たち etc.

現地での悲痛な経験、あるいは感動的な経験が、ボランティアの方たちの
淡々とした記述で次々書かれていて、参加者の一人のカメラマンの写真はその
裏付けとして胸を打つ。

ゴン太は、連れて行けずに避難した飼い主の最後の言葉を守ったのか、納屋
の隅に隠れておびえていた犬だった。彼は家の牛や鶏を守り続け、そのためか
野犬化した犬たちの群れに襲われて全身傷を負い、首半分はざっくり怪我して
生血をまだ流していた状態だった。でも危ういところでボランティアの方
たちに見つかり、病院に運ばれ、なんとか安楽死を免れて、治療を受け、回復へ
向かい、飼い主とも再会できたとか。この犬は、餌もなくなり、納屋の後ろに積ん
であったかんな屑だけをたべて生きながらえていたとか。

またある柴犬は飼い主以外は手を触れさせないらしく、エサも水もないまま
繋がれて死んでいた…とか。たくさんのけなげな犬たちがいる…。
また豚小屋ではしずかに寄り添って飲み水も餌もなく死んでいった豚たち
がいたらしく、私は賢治の作品を思いました。

この方たちは手を出せない犬などには餌のみあたえ、救い出せる
犬たちはケージに入れて救出し、病気のものは医者に預け、もと飼い主
を探したり、貼り紙で知らせたりして、その間無料で保護したうえ、一時預かり
ボランティアや里親ボランティアを今も探している。身銭を切っての仕事
なので、カンパももとめている。まだまだどれだけの生き物が見捨てられ
ているか、仕事はこれからまだまだ続くとのこと。

さいごに著者のことばを引用します。

『こんなに大変な時に犬猫じゃないだろう。遺体の捜索もまだできていないんだ』
こんな声も聞こえてくる。だが私は思うのだ。たった一つの小さな命さえ救え
ない者が、どうして人を守れるというのか。…犬猫の命さえ助けられない社会
が、どうやって人間の命を救えるというのだろうか。そんな疑問を禁じ得ない。

…今こそ、普遍的なテーマとして命を考え、この世に存在するすべての命を
尊重する社会を求めるべきではないだろうか。
それに改めて気付かせてくれたのは、他でもない、20キロ圏内で出会った
生き物たちである。

”””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””
この本の出版は 光文社(1,143円+税)です。少しでも多くの方に読んでほしい
と思います。私はボランティアに行けないので、せめてカンパに行きたいと思います。
本は一冊ですがお貸しすることはできます。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

届かぬ声(3) [日々のキルト]

斉藤 梢さんは72首の短歌につづいて、短いエッセイを載せて
おられます。その一部をも引用させていただきます。

”””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””

(震災後のテレビにうつる人たちの「がんばります」の声に、私はとても

切ない思いがした。言葉を選べないのだ。その苦しみ悲しみ痛み嘆き

を、表現する言葉が見つからない。)



(チェコの友人からメールが届いた。……東北人の精神の強さ、避難所

での食料の配布に並ぶ無言の正しい列に、日本人の心を知るという報道。

宮沢賢治ならばどうしただろうか、と私は津波ののちの泥の田圃を見なが

ら思う。……「ヒデリノトキハナミダヲナガシ サムサノナツハオロオロアル

キ」と賢治の心に私はいま寄り添う。自然の摂理と闘いつつも、粘り強く

暮らしてきた人たちだからこそ、強くなれるのだろうか。)



(短歌には心や思いを伝える役割がある。思いを残すだけでなく、相手に

伝えたいと願うときに定型が言葉を受け止めてくれるはずだ。一行の歌が

心からの一言となればいいと思う。人間の心情のとても細やかなところ

までを言葉にする方法を知っていて、詠むということができる者がこれ

から担うことは何か。それは、短歌で何ができるかということとは違う。

芸術論や評価の対象にはならなくても、すぐれた作品かどうかというこ

とでもなく、とにかく心に依って詠みたいと思う。東北人として、宮城県人

として、私たちの暮らしているすぐそこで起きた災いだからこそ、被災地

の現実を被災者の本心を、言葉で残していかなければならない。涙の

かわりに。)


””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””

以上斉藤 梢さんの震災地からの発信、「届かぬ声」の一部を転載させていた
だきました。

あらためて 「斉藤 梢さん、ありがとう!」
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

届かぬ声(2) [言葉のレンズ]

前回の続きです。


         届かぬ声
                                      斉藤 梢


市役所の壁のすべてを埋めてゆく安否確認の紙、紙、紙が


三日目の朝に降りくるこの雨を涙と思う 抒情は遠し


傷あれど痛みを言はぬ人たちにガーゼのやうな言葉はなくて


生と死を分けたのは何 いくたびも問ひて見上げる三日目の月


どう生きるかといふ欲は捨てるべし震災四日目まづ水を飯を  


我が家へのガソリンのみになりし夕 震災五日目帰宅を決める 


津波にて取り囲まれし八階より見下ろす田圃 田圃にあらず


消費期限切れたる豆腐・卵・ハムどんよりとある冷蔵庫は闇


「届かなかった声がいくつもこの下にあるのだ」瓦礫を叩く わが声


この眼(まなこ)で見たのはいつたいどれほどのことであろうか汚泥が臭う


定型に気持ちゆだねて書く、書く、書く、余震ある地に言葉を立てる


もうここで書けぬ書けぬとさらに書くわれの心に無数の亀裂


被災地にしだいに闇のかぶされば星はみづから燃えているなり



””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””
また次回につなぎます。
今日は台風が関東地方にも刻々と迫っています。雨音がさっきから急に
激しくなってきました。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

届かぬ声(斉藤 梢) [言葉のレンズ]

青森の詩人佐藤真里子さんから、このたび斉藤 梢さんの短歌70首あまりの載った詩誌
のコピーが送られてきた。斉藤 梢さんは仙台にお住まいときく。この震災に遭われた
その直後から、時間を追って書き続けられたその短歌からいくつかを転載させていただく。


    届かぬ声
              
                 斉藤 梢


二キロ先の空港がいま呑まれたと男がさけぶ 四時十一分


この力どこにあったか「津波だぞ」の声にかけ上がる立体駐車場


七分後マンホールの蓋とびあがり周囲はすべて水の域なる


くろぐろと津波が至る数秒を駐車場四階に見るしかなくて


閖上(ゆりあげ)漁港呑みこみていまマンションに喰いつきてくる津波ナニモノ


閖上の「浜や」へ食いに行こうかと。 夫の声が声のみ残る


十二日の朝日を待ちてペンを持つ 言葉は惨事に届かぬけれど


避難者の三十一万に含まれて車泊のわれら市役所駐車場


桜餅のさくらの色の懐かしさひとりにひとつの配布に並ぶ


木のごとく立ちてゐるなりわが裡に「戦争は悪だ」の結句が強く


夜のうちに溜まりしものを文字にして書き始めゐる今朝も車中に


推敲はもはや必要なくなりてただ定型に縋り書きつぐ

”””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””
斉藤 梢さんは、震災に遭われたそのとき、偶然外出先で拙詩集「ユニコーンの夜」
を、バッグに入れておられた由、佐藤真里子さんからのメールで以前知りました。
とても胸が痛くなり安否が気遣われてなりませんでした。いま、こうして現場からの
切迫した思いを乗せたなまの声に触れ、感無量です。
この「届かぬ声」は次回に続けます。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

無限軌道 飯島正治 [詩作品]

『薇』4号を送っていただいた。飯島正治氏の追悼号だった。その中から「無限軌道」を載せたい。


    無限軌道                                                                           

      
黄ばんだ畳の野原を息子の鉄道模型の

ちいさな列車が駆けている

畳に耳をつけ眼を閉じると

レールを刻む車輪の音が大きくなる



縁の川にかかる積み木の橋を渡って

列車は過去の坂を下ってゆく

すると汽笛が聞こえ

ぶどう色の客車を引いた蒸気機関車が

扇状地のりんご畑の間を

ゆっくり上がってくるのだ



枝々のりんご袋を一斉にゆすって

列車が通り過ぎる

煙のなか車窓の一つひとつに

顔が浮かんでいる

おぼろげな父親の顔や軍帽の叔父

おかっぱの少女も見える

帰ってこなかった者たちだ



彼らを乗せたまま

列車は無限軌道を走り続けている

眼をあけると

ヘッドライトをまたたかせ

あえぎながら未来の橋を渡ろうとしている


””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””

はるばるとした永劫の時間と今のこの瞬間が、一つになって見えてくる。
こんなにもありありと見える遠景。遠ざかる列車の車輪の音と、汽笛まで聞こえる。
無限につづく人々の記憶のつながり。ふいに懐かしさがよみがえる。
たとえ会ったことのない人々も私の記憶の中にいるのだと思う。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。