So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

オーロックスの頁・(The Aurochs Page) [詩作品]

            オーロックスの頁
                                         水野るり子


      この地上が 深い森に覆われ

      その中を オーロックスの群れが

      移動する丘のように 駆けていたころ

      世界はやっと 神話のはじまりだったのか

     

      貴族達が 巨大なその角のジョッキに

      夜ごと 泡立つ酒を満たし

      ハンターたちが 密猟を楽しんでいたころ

      世界はまだ 神話のつづきだったのか




      やがて 森は失せ

      あの不敵な野牛たちは滅びていった

      うつろな杯と 苦い酔いを遺して
      
      破り取られた オーロックスの長いページよ

      世界は それ以来 落丁のままだ 

        ”””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””

(オーロックスは長い角をもつ大きな野牛であり、飼牛の祖先だった。ユニコーン伝説のもとになり
旧約聖書にも登場する。角はジョッキとして珍重され、肉は食べられ、1627年に最後の1頭が死んだ)

      

 The Aurochs page
                              ( Edwin A.Cranston訳)


The earth was covered in dense forest

through it roamed herds of aurochs

like moving hills   maybe the world at last

was entering the time of myth 



When nobles every night filled giant horns

to overflowing with the frothy mead

and hunters took their sport in poarching game

maybe the world was still in myth’s continuum



Finally the forest vanished

those intrepid wild oxen followed into oblivion

leaving hollow drinking cups    and a bitter intoxication

the long aurochs page    torn out    the world’s book
  
has ever since been incomplete



      ””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””

(この作品は以前「夢を見てるのはだれ?」という葉書詩のシリーズに発表したものです。一部訂正しました。)
nice!(0)  コメント(0) 

灯台(Lighthouse) [詩作品]

                    灯台
                                   水野るり子


                 真夜中の空に
                 雪が降りつづいています
  

                 鳥は もう一羽の
                 相似形の鳥への
                 ひたすらな記憶によって
                 風の圏外へ飛び去り

                 
                 魚類は凍てついたまま
                 聴覚の外を回遊しています


                  〈カタツムリの螺旋は暗く閉され〉


                 私は内側に倒れたローソクを
                 ともすことができません


                 そうして
                 残されたこの島の位置は
                 今 闇に侵蝕されていきます

                                     『ヘンゼルとグレーテルの島』より






                 Lighthouse        ( Edwin A・Cranston訳)


        Snow falls steadily in the midnight sky

         
        A bird 
        impelled by memory of another bird
        shaped like it
        flies away
        out of the wind.
     
       
        Fish
        still frozen
        circle beyond earshot

              

            〈The snail’s spiral is dark,closed in〉



        I cannot light the candle
        that fell over,inward


        And now
        the location of this island still remaining
        is eaten away by the dark  


         
 
           
nice!(0)  コメント(0) 

影, Shadow(E・Cranston訳)

          影  <クレーの”冬のイメージ>より
                                             水野るり子


       雪が一日中降っています
       子どもが窓からのぞいています
  

       木は貝類のほのぐらい夢のなかから
       ほっそりと身を起し
       さびしい夢の触手みたいに
       吹雪の中でゆれています


          〈ゆきの底には
          大きな水色の貝が死んでいるよ……〉 


       鳥は銀のほうきの一閃で
       翼と足をもぎとられ
       まっ白い調理場へ
       さかさまに投げこまれていきます


          〈おかあさん
           おかあさん
           ぼくを助けて……〉


       灰色の分厚いカンヴァスのおくへ
       子どもの声が吸いこまれていく夕刻


       一粒の涙が
       大きな黒い影をひいて
       空の深みへ落ちていくのです






             Shadow -after Klee's 'Image d'hiver.'-


It's been snowing all day
A child is looking out a window


Trees lift slenderly
from murky dreams of shellfish
wavering in the blinding snow
like lonely antennae


<Down deep under the snow
there's a big, blue clam that's lying dead...>


Wings and legs swept off
in the flash of a silver room
one by one the birds
are tossed upside-down
into a spotless white kitchen


<Mother!!
Mother!
Help me!>


The child's voice
is sucked into a thick, gray canvas
in the evening


A single teardrop
trailing a huge, black shadow
falls into the depth of the sky
nice!(0)  コメント(1) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。