So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ボルベール [日々のキルト]

今さら書くのもおかしいのですが、何ヶ月も前に高橋茅香子さん(私の英語の先生)に薦められていた映画「ボルベール」を、やっと昨日近くのシネマジャックで見ることができました。このところ足の調子をちょっと悪くしていて近くでないとなかなか出かけにくいのです。伊勢佐木町からすぐのシネマベティ・ジャックは、その点、上映時差があろうとも、常にいい映画や、見たかった名画をよくやってくれて、私にとってはありがたいミニシアターなのです。

私は、ペドロ・アルモドバルの作品では「オール・アバウト・マイ・マザー」、「トーク・トゥ・ハー」を以前見ていて、この「ボルベール」で、女性賛歌3部作をどれも見たことになるのですが、今回のがもっとも楽しく見ごたえがありました。主演のペネロペ・クルスの美しさと魅力とバイタリティ、怖さとユーモアを背後に秘めたストーリ−のスピーディな進行、女たちの楽天的行動力、見るものを元気付けずにおかないような、かれら相互のデリケートな思いやりと洞察力。とにかく万華鏡的に迫ってくる映像でありながら、心に染みいる…そんな各場面から目をそらすことができませんでした。

さて今日はその中でも圧巻だった歌のシーンを思い出しながら、《VOLVER》(帰郷)の詞をパンフレットから,以下に引用させていただくことにします。

     VOLVER

  かなたに見える光のまたたきが
 遥かな故郷に私を導く


 再び出会うことへの恐れ
 忘れたはずの過去がよみがえり
 私の人生と対峙する

                     
 思い出に満ちた多くの夜が
 私の夢を紡いでいく
 旅人はいくら逃げても
 いつか立ち止まるときが来る

 たとえ忘却がすべてを打ち砕き
 幻想を葬り去ったとしても
 つつましい希望を抱く
 それが私に残された心の宝

 帰郷(ボルベール)

 しわの寄った額 
 歳月が積もり銀色に光る眉

 感傷ー

 人の命はつかの間の花
 20年はほんの一瞬

 熱をおびた目で
 影のなかをさまよいお前を探す 

 人生ー

 甘美な思い出にすがりつき
 再び涙にむせぶ















                     

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。