So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ミオの星から 稲葉真弓 [詩作品]

昨日、本棚を整理していたら、雑誌『アンサンブル』がたくさん見つかった。
かつて小山内彰子さんという方が編集者であった頃、よく私も寄稿させていただいた雑
誌で、発行はカワイ音楽教育研究会である。懐かしく思って、ページをめくっていたら
1992年10月号の巻頭に稲葉真弓さんの詩が載っていた。
かつて手元にこれが届いたときの、この詩から受けた深い印象を忘れていない。
あれからもう20年以上経ち、稲葉さんもすでに他界されているが…。


  ミオの星から                稲葉真弓

なんども生まれかわる星がある

闇に光り 闇に消えて 

ある日 秋の町にとどくのだ

あたりにはぼうぼうと

赤い夕日が燃えていて

その一点に

ミオの光はともるのだ

私は書こう あなたに

生まれ変わるための

長い年月について

そこにとどくときのよろこびと

消えるときのおののきについて

何億年も残るのは 私の体を包んだ

もう一つの金色の光であったことを

   ””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””” 

ふしぎな詩だと思う。心が遠いところへ連れ去られていく。
最近彼女のエッセイ集『少し湿った場所』を読み、彼女の生きた
この世での時間と場所に、少しだが触れることができた。
この詩はいま稲葉真弓さんご自身にこそ、ささげたいと思う。 
  
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。